鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

その他

ペンタブレット導入とその使い道|人間はツールに合わせろ?

更新日:

以前、ネットビジネスの作業であったら便利な周辺機器を
紹介した事がありましたが、今回はちょっと応用編です。

 

ハセベが新しく導入した器具はこちら!

ペンタブレットです。

 

1429260637379

 

絵心も無いのにこの道具を導入したのには訳があります。

 

下手でもいいのでちょっとしたイラストを手書きにして、
他のブログと差別化を図るためです(笑)

 

先ほどセットアップが終わったばかりですが、流石にお絵かきソフトの類です。
ドライバが重いこと!インストールの30分ほどは他の作業が出来ない位でした。

 

加えてソフトに付属しているお絵かきソフトをインストールし、
早速お絵かき。

 

rapture_20150417174945

 

ちょっとペンが浮遊しているような違和感がありますが、
これは慣れでしょう。

 

世界で最も有名な徴兵ポスターをいたずら書きレベルで
編集出来ます。

 

ペン先だとか色だとか、様々な機能がありますが
これらに慣れて使いこなせば名画が描けるかもしれません(笑)

そこでふと思ったことがあるのです。

みんな騙されている?

 

例えば、お絵かきソフト。

 

本当に使いやすいお絵かきソフトって何でしょうか?

まさに本物の画材を使うように、
目の前で紙の上に絵の具を使って色を混ぜたり、
塗ったり伸ばしたりすることが出来るソフトこそ、
本当のお絵かきソフトだといえるではないでしょうか?

 

どうしてもコンピュータプログラムの画材だと、色合いを調整したり、
線を引いたりするのにソフトや器具の習熟が必要になります。

 

自分でも説明するのがもどかしいのですが、
人間の方がソフトに合わせている感じがストレスに思えるのです。

 

合わせているだけでなく、何かを削ぎ落している感じ。

お絵かきソフトだけでなく、名アプリのEvernote。

 

あれだって、確かにメモをPCやスマホで共有出来るとか、
検索性がいいとか言われて私も使っていますが、本当は使いづらい。

 

本当のメモは手書き文字をグルグル○で囲ったり、
線を引いたりして情報を整理していたはずです。

 

Evernoteでは文字だけでなく動画までも取り込めるとか、
色んな機能がありますが、それは余技に過ぎず本当は必要でなかった
機能だと思うのです。

 

なんというか、効率がいいとかやり直しがきくとか、
そういったソフト側の都合に人間が適応しているせいで、
人間本来が持っているあいまいな部分が削られているように思えます。

 

高々ペンタブ1つから大げさな、と思われるかもしれませんが、
結構真剣です。

 

ワードをはじめとする書類作成ソフトだって、
本来ならここに絵を入れたいとか、行間にちょっと書き足したいという欲求を
圧殺している感じがあります。

 

本当は全然自由で便利って感じがしませんよね?

 

これが便利なのだ!と言われてみんながウンウン、と納得しているから、
自分も合わせているような・・・そんな感覚。

 

私はサラリーマンを辞めてから、いつもこんな風な事を考えています。

○○は世間でいいといわれているが、本当にいいのか?とか、
誰かの都合が混じっているのではないか、とか。

 

常識を疑う事から、突破口は開けると言います。

一度、目につくもの全てを疑ってみると、
色んな発想が生まれてきて面白いと思いますよ。

 

-その他

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.