鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

うつ病・メンタルヘルス ニュース ビジネスマインド

世間を半分だけ降りて隠れて生きるには?

更新日:

派遣問題についてのオピニオン系の記事を書いていたのですが、
全部消しました。

あちこちからデータを引用したり、色々と心配してみたのですが
書けば書くほどに暗澹たる気分になってしまい、
何だか空しくなったのです。

 

増大したデータ送信量の9割以上が動画配信によるもので、
文字を読まず、動画でないと情報を受け取れない人達が
どんどん増えている事も空しくなる原因の1つ。

 

計算機が算盤から電卓、エクセルに交替したように、
時代と共に求められる能力が変わっているだけなのかもしれませんが、
この傾向は明らかに劣化したように感じるからです。

 

おそらく出版不況とも関係あるでしょう。

 

抽象思考できない、テンプレ思考を抜けられない人が
無茶苦茶増えているように感じます。

 

こんな事を考えるのも、
友人と飲んだ時の会話が北朝鮮や中国の外交官の答弁みたいに、
噛み合わなかった事が自分的にかなりショックせいです、きっと。

 

こうした大きな問題にばかり目を取られると、
自分の前途が不安になりがちです。

 

あちこちで思考を誘導してやろうという意図を持った報道も多いし、
いちいち抗うのに疲れて欝な気分になるのだったら、もう気にしない!

 

99%の奴隷と1%の支配者に分かれるのだったら、
そんな世間から降りてやるよって感じで、
「隠れて生きよ」を実践して「魂の平穏」を求めていこうと思います。

世間を半分だけ降りる

 

しかし、日本国に国籍をもって生きている以上は、
権利と共に義務を果たす必要があります。

 

世捨て人のように生きる事は出来ません。
社会から降りるという事は価値を生産しないという事。

 

「喜捨」が無くては生きていけませんし、
生きざまを発信しているのならそれはサービスと言えるので、
世捨て人とは言えません。

 

だったら出来るだけ煩わしい関係を避けてお金を稼ぎ、
限られた人間関係を大事にして生きていく事が理想だと思います。

 

世の中的に認められた正しい生き方なんて、
時代と共に直ぐに裏返ってしまいます。

 

自分の選択が良かったか悪かったかなんて、
短期的には分からないですし。

 

必要以上に世間に期待せず、迎合せず、
自力で生きていく事こそが重要なのだと思います。

 

-うつ病・メンタルヘルス, ニュース, ビジネスマインド
-, ,

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.