鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

ビジネスマインド

名古屋ナイト備忘録|稼ぎ続ける為に必要な事

更新日:

名古屋ナイトの備忘録です。懇親会の空気的なものが
伝わればいいと思って書きました。

感想を一言で言うなら、
ここまでポジティブなビジネス懇親会があっただろうか!?(反語)と。

 

かつては私も塾とかコンサルにお金を費やしたタイプなので、
アフィリエイトセミナーや懇親会的なところには結構顔を出していました。

 

しかし、そのほとんどが稼げていない人、これから稼ぎたい人ばかりを集めて、
高額サービスの販売を目的としていたものばかり。

 

解散後にステップメールが飛んできたリ、
改めてアポをとってコンサルを売り込んだりといった「仕掛ける側」の都合が
濃いわけです

 

しかし、名古屋ナイトは全く違いましたね!

 

本当にアフィリエイトの業界で稼いでいる人達の懇親会で、
売り込みをするような人は全くいませんでしたし、
みんな堂々と自分の活動を語っていました。

 

ネットビジネスで稼ぐ事に不信感を持っていたとしても、

一発で払拭されるレベルです。

 

そしてサラリーマン時代の懇親会とは違って、
みんなやりたい事、これからやるべき事をきっちり持ち帰ったと思います

 

業界の慣習・慣れ合いのぐだぐだといった、
営業マン時代に仕事として参加していた業界の懇親会とは全く違いますし、
マルチや保険の勧誘ばかりが参加しているビジネス交流会とも違います。

挨拶周りの失敗

 

知り合いは誰もいないのに参加者が100人近いという事もあり、
私はあちこちに名刺を配って挨拶をしつつ、
色々とお話を伺っていたのですがこれはちょっと失敗でした。

 

  1. 挨拶する
  2. 名刺を渡す
  3. ツイッターアカウントを訊ねる
  4. 相手をフォローする
  5. ようやく話が始まる

 

こんな感じで話をしていたものですから、
今思えば相手にとってはかなり面倒な奴だったのではないかと・・・。

 

せっかく名古屋ナイトのLPがあるのですから、
事前に全員分をフォローしておくべきでした。

 

そしてとにかく沢山の人に会わなきゃ、という貧乏性もあって
ちょっと話したら次!みたいな活動をしていたこともアウトですね。

 

挨拶したテーブルではもうちょっとじっくり腰を据えて話をするべきでした。

今後、大阪を始め他のナイトに参加される方の参考になれば幸いです。

学びについて

 

色々な話が聞けたのでメモを取っていました。
その一部はこんな感じ。

 

  1. ○○○○活サイト(そんな広告始めて知った!)をA8で探して作る。
  2. 商標キーワードは頑張って作ってもスパム認定されやすい。
  3. ドメインにどれだけお金をかけるか?投資!
  4. 外注化大事。
  5. 商標キーワードで上げるよりも、安定するにはロングテールで。
  6. ブラックの被リンク元の記事はタイトルだけ変えて使いまわしてもOK
  7. 今後は動画まとめサイトよりも○○○画像サイトが流行るのではないか?

 

・・・など。

こういったノウハウ系の話も大事なのですが
この懇親会でもっとも重要だと考えるのは、

 

突き抜けた結果を出し続けている人と会って
自分のマインドブロックを破壊する事や
稼ぎ続ける事への恐怖をなくすこと
だと思います。

 

名古屋ナイトでは稼げる事や稼ぎ続ける事が可能であるという、
臨場感を強く持てました。

 

そしてやっぱり稼いでいる人は変に気取ったり、秘密主義をしませんね。

 

ある方に具体的なSEOの事を色々とお聞きしましたが、
凄く自然体で快く教えてくれました。

 

そして自分の得意分野を極めているので、○○については知らないとか、
やってないという事をアッサリ口にします。

あれもこれもな器用貧乏系の私としてはホントに身につまされました。

最後に

実は1次会で力尽きてホテルに戻っていました。

 

次に関東で懇親会があるときは
ちゃんと体調を整えて参加したいですね。

 

そして表面的な挨拶に限らず、もっと踏み込んだ話が出来るよう、
お会いした人とじっくり話がしたいと思います。

 

個人的な総括としてはちょっと空気に飲まれてしまったので、
次からは落ち着いて参加したいってところです。

 

-ビジネスマインド
-

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.