鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

インフォ業界 ビジネスマインド

アフィリエイトやインフォ業界の先入観や今後について

更新日:

連休中、友人と会ってネットビジネスの話をしました。
会話中に色々と気付いたことについて紹介します。

ネットビジネス全般、つまりアフィリエイトや転売に全く臨場感を
もてない人の方が多数派だということにあらためて気付かされました。

 

私も他のアフィリエイターと同じで、基本的に毎日一人で作業して、

たまにレンタルオフィスにコンサル生が来たり、スカイプで話をする程度の
コミュニケーションしかとっていません。

 

だからこの連休に友人と話が出来たことは意見の相違があっても
大きな喜びでした。

 

彼との話の中で中心になったのはこんな感じ。

 

ネットビジネス(アフィリエイト)が稼げるとは思えない。

 

転売は違法(????)

 

個人がブログやサイトなんか作っても誰も見に来ない。

 

情報商材は全て詐欺だと思う。

 

amazonアフィリエイトや楽天アフィエイトプログラムを知らない。

 

リスティング広告を知らない。

 

メールマガジンを読んだことが無い。

 

お金は会社に勤めてもらうもの。

 

今、経済的に報われない人は全て自己責任。

 

起業できるのは特別な才能とコネと資金力がある人だけ。

 

セミナーは宗教、洗脳されるから行かない。

 

・・・・どうでしょう?

 

この記事をご覧になった方で、
インフォ業界についてあまりよくご存じない人はかなりの部分、
同意するのではないでしょうか?

 

ちなみに彼は独身でビジネス書どころか小説も読みませんし、
テレビゲームや携帯ゲームもやらないし、映画もアニメもドラマも見ません。

 

いったい何をやって余暇を過ごしているのか、聞いても
飲み屋に通っているとか、たまにジムに行くとか、
ハッキリした事が返ってこないタイプです。

 

話題の中心は投資(株やFX、リート、ファンド)や仕事の愚痴で、
でも元ア○センチ○ア出身で今は某大企業の人事課長です。

 

彼の経歴や収入をみると明らかに勝ち組サラリーマンといえるでしょう。

 

そんな「まっとうな」会社員である彼は
個人がパソコン一つで稼ぐという業態について
全く想像できないというのです。

 

自分はSEやネットマーケティングの専門家を面接しているというのに。

これが、世間一般のインフォ業界のイメージです。

 

私は彼に反論しませんでしたし、むしろ安心しました。

安心した理由

 

会社を辞めてインフォ業界に参入したことを軽んじられたのに、
安心した・・・・それは何故でしょうか?

 

インフォ業界はまだまだフロンティアだと思ったからです!

 

私も新参なのであまり昔の話は知らないのですが、
これまでのインフォ業界は一発逆転!

 

借金があった、高卒でも出来た、中卒でもできた、主婦でもできた、
学生でも、老人でも稼げるという「簡単に稼げそう」感を
演出してきたことは間違いありません。

 

そして、古参のアフィリエイターは大体一般社会で生きていけなかった
あぶれモノである事がほとんどです。

 

表現は乱暴で悪いですがまちがってませんよね?

 

しかし、最近の成功者は
キャノンマーケティング販売出身の某氏とか、
京都大学出身の某氏とか、某氏とか、元大手商社マンの某氏とか、
元官僚の某氏とか、そういうエリート街道を歩いてきた人がインフォ業界に
参入してきているのです。

 

そして、みんなあっという間に年収1億円以上を稼ぎ出しています。

 

それと対照的に最近税金が払えなくて破産した某氏は、
上に紹介したようなエリート系ではなくて典型的な無頼系でしたね。

 

インフォ業界はドロップアウトした人が入ってくる業界だったのに・・・。

 

もともと、世渡りが上手くて継続力や応用力があって、賢くて、お金もある!

 

そんな人が大挙してインフォ業界に入ってくるようになったら、
大分稼ぎづらい業界になってしまうと思いませんか?

 

そんな、高学歴が次々に参入してくるようになったとき、
本当に困ってインフォ業界に参入した主婦や
退職後の年金老人や低学歴(失礼!)が高いといっても2、3万円くらいの
教材を読んだくらいで彼らを出し抜いて稼げると思いますか?

 

凄くキツイ言い方をしていますが、考えうる未来です。

 

そして先日、ホリエモンのブログを読んだら、
インフォ業界で自分の右腕を名乗る人が
情報商材を売っている
書いてありました。

 

誰とは言っていませんし、自分の名前を使うなという記事だったのですけど。

不景気が長く続いたことにより、
元々ビジネスの表舞台にいた人たちがインフォ業界に参入しているのです。

 

しかし、友人の話のように、まだまだインフォ業界は認知されていません。

 

今のうちに力を蓄え、収益を生むサイトを構築しどんな荒波が来ても
ビクともしないビジネス構造を作っておくのです。

 

インフォ業界に参入する事を迷っているのであれば、
出来るだけ早いうちのほうが良いでしょう。

 

「あなた」は仕掛ける側に立つべきです!

 

政府や大企業が主導する社会はホワイトカラーエグゼプションやら、
雇用流動化やらで、従業員の報酬を抑え、会社組織のブロックの一つみたいに
取り外してあちこちで使いまわせるようにしたがっています。

 

自分で自分を守ることが出来るようになったほうが、安心だと思うのです。

あなたはどうしますか?

-インフォ業界, ビジネスマインド

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.