鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

インフォ業界 ビジネスマインド

直感過たず、過つのは判断であるって本当だと思う

投稿日:

情報デトックスをしている私ですが、このところ色々と変なメールが届くのでチェックした結果、
優れたコピーには直感を麻痺させる技術が使われているのではないかと気付きました。

 

またどっかの誰かがインフォトップに登録したメールアドレスを流出させているのか知りませんけど、セールスレターが山ほど届いています。

 

まあ、前々から届いてはいたのですがあまりにも多いので、
ちょっと興味本位でチェックしてみたのです。

 

詐欺チックなレター程、高度なテクニックが使われているとは聞きますから、勉強のためです。

その結果、10通ほど文面とLPを見て、気づいた事があります。

 

それは、優れたレターは直感を麻痺させるって事。

 

どういう事かというと、クリックだけで30万円とか、あなたのスマホがATMになるとか、
誇大広告に感じるコピーがお決まりですけど、普通はこんなものを信じたりはしません。

 

パッと見て胡散臭い、怪しいと思うので普通の人はメールを開きませんし、
LPのヘッダーで札束積んでたら即座にブラウザバックです。

 

これを直感というか、防衛本能と見るかどっちでもいいですが、普通は触れない訳です。

でも、そのラインを超えて読んでしまう人が一定数はいる。

 

私にはこれがどうしてなのか、今までよく分かっていませんでした。

 

しかし、自分の心の動きをよーく観察した結果、

危機回避本能や常識を理屈で麻痺させるから先を読んでしまうのではないか、と思い至りました。

 

例えば1クリックで30万円と広告されていたら、流石に30万円は胡散臭いけど、
3000円位は稼げるのではないか?という読み手の常識から誘導しているのです。

 

この時の金額設定が1億だったら怪しいけど、
50万や100万だったらもしかしたら?って、思わせる事が出来るのかもしれません。

 

決して、欣喜雀躍して先を読んでいる訳では無い、胡散臭い怪しいと思いながらも、
そこまで言うのなら少しはあるのではないか?っていう思考法です。

 

こうして取りあえず話だけは聞くという事になると、
どんどんメールや動画で教育され、オファーの臨場感世界に引き込まれていって、

いつの間にやら30万円払っていた!

 

しかも、その後の100万円のオファーを受けないと30万円が無駄になるって言われて、
そっちも買っちゃった!という事もあります。

 

バックエンドは投資を取り返したいという心理を煽るので、
フロントを売る時とは理屈が違いますが大体はこんな感じだと思います。

 

最初に感じたうさん臭さや違和感を大事にしていれば、危険を避けられたでしょう。

 

第一印象が全てかもしれない

 

で、これは高額オファーに限らず、人間関係でもメールでもある程度、当てはまると思います。

ある程度というのは個人の直感力のレベルに応じるから。

 

例えば私の経験上、初対面の時に言葉に出来ない幽かな違和感を感じながらも話してみたらいい人じゃないか、というケースは何回もありますが関係が長くなるとほぼ確実に上手く行かなくなります。

 

どうして上手く行かなくなったのかな、と考えるとやっぱり最初に感じた違和感が増大しているんです。

 

メールもそう。

 

鬱ブログをやっているとちょこちょこメールを貰いますが、
文面を見てこれは・・・と、思う人にもキッチリ返信をしたら、
毎日メールが届くようになって半日返信しなかっただけで催促されるようになったりします(マジで)

 

これも、文面からの第一印象ですよね。

 

どうして第一印象で違和感があったのに今に至る判断をしたのか考えると、

やっぱり無料オファーのレターを読む人と一緒で、理性で違和感を麻痺させているんです。

 

自分の偏見が強くて、初見では相手の本質を見抜けないという事も多いですが、
潜在意識は自分以上に賢いので、与えるにせよ受けるにせよ、第一印象は大事にした方がいいと思います。

 

とあるカウンセラーの本を読んだら、
クライアントと一番最初に会う時が一番緊張すると書いてありました。

 

どうやってドアを開けて入ってきて、部屋の何が目について、
その時、自分はどう映るかって事を徹底的にシミュレーションして接見するそうです。

 

ここを間違えたら上手く行かないとの事。

 

それくらい第一印象は理屈を超えた大事なものなのでしょうね。

 

そして、平日の昼間にヒゲも剃らず、
ジャージ(寝間着兼用)にサンダルでコンビニに行く私がどんな第一印象を与えているか、
考えてみたら死にたくなったりw

 

-インフォ業界, ビジネスマインド
-,

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.