鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

インフォ業界 ビジネスマインド

情報商材と書店の本の違いについて。どんな本を読むと稼げるか?

更新日:

今日は私がネットビジネス関係でどんな本を読んでいるか、
ほんの一部だけ紹介したいと思います。

 

情報商材に胡散臭いイメージをもたれている方は多いと思います。

 

しかし、聞くところによれば明治時代には既に
ノウハウ販売というビジネスは成立していたそうですし、その歴史は
インターネットの発達と関係なく、意外と古いという事が言えるようです。

 

だからといって、現時点で詐欺商材を含む怪しげなノウハウが
たくさん売られていることに代わりは無く、
由緒正しいビジネススタイルだから安心して欲しい、などと
言うつもりもありません。

 

しかし実際問題として情報商材無し、
一般書店から手に入れられる情報だけで
ビジネスをはじめるのはかなり難しいです。

 

特に、もともと自営業者でもなく、給料以外にお金を手にする方法を
知らない人にとっては無理だと言い切ってもいいのではないでしょうか?

 

このところ、ネットビジネスで大きな成果を上げた有名人の本が
たくさん出版されるようになりましたが、
購入し中身を確認するにつれ、この考えはますます不動のものとなりました。

 

ここに手元にあるネット関係の本の写真をアップします。

 

1410654955895

 

他にも会社つぶした某氏とか○○氏とかの本も全部持っているのですが、
とりあえずホントに手元にあるだけの写真です。

 

※著作権ハンドブックはトレンド系記事を書くときに勉強しました。

 

ジェット☆ダイスケ氏やイケダハヤト氏、ヒカキン氏など、動画やブログで
成果を上げている人の著作を読んでも、ネットで稼げる新しい時代が来た、と
いう事以外、具体的な手法が全く明かされていません。

 

かといって情報商材や塾運営で名を馳せた人の本を読んでも・・・。

 

つまりこれら書店で販売される本は、ただの先触れなのです。

 

実際、以前の記事で私はブログ飯やイケダハヤト氏の著作を
ボロクソにけなしています。

 

http://negativetoplus.com/?p=48

 

記事を読んだら分かりますが、実態とかけ離れているからです。

また、最近の同氏のブログを読んだところ、
アフィリエイトを導入したら稼げたヤッホーみたいな記事が上がっていて
いまさら感を感じました。

 

成功者の著作を買っても具体的な記述が無いので、
あなたのビジネスの役には立ちません。

 

最後に

 

ネットビジネスをはじめたからには、もう世間一般目線は捨ててください。

当たり前のように稼げることを確信して欲しいのです。

 

あなたの臨場感が高まり、確信した時に
当たり前のように稼げるようになります。

 

そして世間一般でどんなことを言われようともブレなくなります。

不明点などありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

 

→ 問い合わせ

ネットビジネスの正攻法を学べる無料メルマガはこちら

culture10kbanner.jpg

-インフォ業界, ビジネスマインド
-,

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.