鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

ビジネスマインド

ブログ飯で個性を収益に変える生き方は可能なのか?感想について

更新日:

最近、ブログ飯という本を買いました。
表紙とタイトルだけ見て、衝動買いです。
専業アフィリエイターでブロガーの立場から見た感想はこちら。

正直、同じブログ書きでインフォ業界の住人だけれど

見えている世界はこんなにも違うのかと驚きを感じました。

 

 

染谷 昌利
インプレスジャパン 2013-06-21
¥ 1,728

この本一体どんな内容が書いてあるのかというと、
ブログ収入2万円しかない状態で
早期退職に応募した染谷さんのブログアフィリエイトの実践記です。

 

奥さんと子供がいるのに凄い踏ん切りだと思います。
確信があったのでしょう。

 

だから専業になった事でとんとん拍子に収益が伸びてきたのかと思いきや、
9ヶ月以上収入まったく稼げず、
スマホの特化ブログが爆発したことがきっかけで、
ブログだけで食べられるようになり、
今では講師の仕事なども引き受けるようになった・・という話なのです。

 

どう思います?

 

所謂アルファブロガーと呼ばれるイケダハヤトさんもそうなんですけど、
私たちと全く見ている世界が違います。

 

例えばイケダハヤトさんは著作の中で
ブログで年収500万円を稼ぐ自分は日本のトップで、
いつもブログのことを考えて、
1日9から10記事更新しているとのことですが、
info業界で一切情報教材を売らなくてもその金額に達している人は山ほどいます。

 

ほぼ1年掛かってアクセスが集まるようになったとか・・・

ノウハウが確立されていない時代のことかもしれませんが、ご愁傷様です。

 

そしてブログ飯には60件近くのamazonレビューがあるのですが、
これが微妙なんです。点数は高いですよ、4~5点ばかりです。

 

そして、こんなのありえないといったネガティブ発言こそないですが、
やる気にさせてくれたとか、背中を押してくれた、といった感想ばかりで
正直読者にあきらめ感が漂っているように見えます。

 

きっとこういった感想を書き込んだ人は
現在ブログで稼げていない人ですし、
このままだと高い確率でブログ更新継続できないし、稼げないでしょう。

凄い違和感を感じます。

 

折れないマインドを学ぶならまだしも、
ブログ飯を基準にしちゃだめだって!

そして、こういう物語が
世間的には受け入れられるネットビジネスの姿なのでしょうね。

 

特別な人が大変な苦労をしてついには幸運を掴む的なストーリー。
だから全国出版される・・・と。

 

世間の価値観とずれたものは売れませんからね。

 

そして、このブログを訪問された方は
ここまで読んでお気づきだと思いますが、

ブログ更新のみのネットビジネスは既に正攻法が完成しています。

 

誰でも正しく記事更新すれば、
アクセスが集まるのに9ヶ月も掛かることはありません。

 

1日1万アクセス以上を集めるブログを作って、グーグルのアドセンス広告で
収益を出すモデルは高額塾やコンサルなら3ヶ月。

 

その期間中に結果を出させます(正しい指導なら!)

瞬間風速で1万/日を超えるのだったら、
ハセベの手法なら最短数日、3ヶ月もあればかなり成功する確立が高いです。

 

・・・その後は継続力ですけど。

 

情報商材は高いし、本屋で売ってないし中身も分からないから、
詐欺ではないかという人が多いことは承知しています。

 

1万、2万する教材をポンポン買う人はもう大分感覚が
info業界基準になっていると言えるでしょう。

 

しかし、秘匿性が高いノウハウだからこそ、この値段だといえるわけです。

書店にブログ本が沢山ありますが、
クリティカルなノウハウが書かれた物はありません。

 

ブログ更新でお金を稼ぐモデルを具体的に知りたい人は
こちらとかこちらをご覧ください。

 

きっと驚くはずです。アレ!ブログ飯の基準って低い??って。

 

ブログをはじめとするネットビジネスで稼げるようになる事は
偶然のラッキーを掴むことではありません。

 

かなりの部分で必然なんです。

 

追記

 

1年立って読み直してみましたが、かなり自意識過剰ですね(笑)
独立して1か月位に書いた文章という事でご容赦くださいm(__)m

 

不明点などありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

→ 問い合わせ

ネットビジネスの正攻法を学べる無料メルマガはこちら

culture10kbanner.jpg

-ビジネスマインド
-

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.