鬱病患者でもネットビジネスで収入を得て、会社から離れて生きていく方法をお伝えします。

鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件

その他

ヤフーとグーグルの違いについて

更新日:

検索エンジンの最大手といえば、グーグル。
しかし何故か日本ではヤフーの利用者の方が多かったりします。
ネットビジネスを行う上で、気になる違いについて紹介します。

 

ちなみに私の場合、個人的な検索にグーグルを使い、
アフィリ用の情報取りにはヤフーの検索結果を重視します。

 

だったら、グーグルの方が使いやすくて好きなのか、と
思われてしまいそうですが、実は違うのです。

 

ネットビジネスを続ければ続けるほど、
特に検索エンジンに対応しようとすればするほどに、
グーグルが嫌いになります(笑)

 

これは紛れも無い事実で、実際アフィリエイター同士の会話では
「グーグル様」と皮肉をこめて呼ぶくらい。

 

特に、スパム指定を受けたことのあるブロガーやアフィリエイターは
グーグルの事が大嫌いです。

 

ただ、これって単にサイトを飛ばされた事が原因ではないのです。

グーグル嫌いが増える理由・・・それは、
判断基準が不明確で、しかも連絡をしても定型文しか返って来ないため、
理不尽感を感じるためです。

 

例えば、スパム指定を受けてブログが飛ばされた場合、
必死に記事を直したり、消したりしてスパム指定を解除しようとします。

 

しかし、なんど送っても返事は定型文。

 

オマケにどこを直せばいいか分からないし、
記事を全部消しても反応ゼロ。

 

これではやりようがありません。

 

そして頻繁なアップデート。意味不明の順位変化・・・・。
翻弄されるばかりで、声が届かないのです。

 

これに対してヤフー。

 

こちらは既にグーグルと検索システムを共有しているので、
検索順位を決めたりする事はしていないのですが、
主にコミュニケーションをとるのはPPCアフィリエイターです。

 

広告の打ち方が分からない、操作方法を教えて欲しいなど
電話をしてもちゃんと対応してくれます。

 

電話が込み合っているかと思いきや、さほどでも無いですし、
対応が無茶苦茶丁寧で驚く位。

 

ヤフーは結構イイカゲンなところがあって、
広告費に入金したお金が1分後に0円と表示されたりする事が
結構頻繁にあります・・・ホントですよ!

 

でも、電話をすると表示はバグなので、実際は○○円残っていますよ、と
オペレータが対応してくれるのです。

 

コレですよ、コレ!

 

利用者は間違いを犯さないシステムなんて望んでいません。
間違えても良いけれど、コミュニケーション出来て、
取り返しが効くのであれば、満足できるのです。

 

グーグルは無謬性を演出しているのか知りませんが、
コミュニケーション出来ないのが最大の難点です。

 

電話がパンクするのなら、
メールでを使ってちゃんと回答して欲しいものです。

この違いは凄く大きいです。

 

ネットビジネスでも相手とコミュニケーションできる、という点が
最大の重要ポイントだと言えるでしょう。

 

間違いを犯さない人は居ないのです。

-その他
-, ,

Copyright© 鬱病だったサラリーマンがネットビジネスで独立した件 , 2017 AllRights Reserved.