インバウンドマーケティングについて|DRMやプロダクトローンチでは狭い!

だいぶ前からDRMやプロダクトローンチという手法ばかりが、注目されて来ましたが、本当はもっと抽象度の高い視点を維持するべきなのです。

インフォ系のアフィリエイターで、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)や、プロダクトローンチ(予定販売)を知らない人がいたらモグリか詐欺師です。

しかし、これらの手法が意味するところは、具体的なやり方です。売り方の手順に過ぎません。

本来ならこの2つの手法は、インバウンドマーケティングという、より包括的な手法の一部の文脈として理解されるべきです。

インバウンドマーケティングとは、(こちらが価値を提供して)興味がある人に見つけてもらって、セールスに結びつける手法の事です。

この逆の概念がアウトバウンドマーケティングで、売り手側からアプローチをかけて知ってもらう手法です。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

凄く分かりやすく纏められていますね。

このインバウンドマーケティングの最後の詰めの部分、売り込みの部分で、メルマガを使って徐々に盛り上げて売るとか、リストを集めてステップメールで・・・という王道パターンがプロダクトローンチやDRMとして知られていると言えます。

結局のところ、より多くの人の興味を引いて自分の商品サービスを知ってもらう事が最も重要なのです。

そこに押しつけがましく広告をベタベタ貼ったり、告知してはいけない、効率が悪いってことです。

例えば、最近の高額塾系無料オファーは、迷惑メールや無料オファー、各種広告からリストを集めてからプロダクトローンチへ繋げて成果を上げていますが、これはインバウンドマーケティングの文脈から少し外れていると言えます。

自分のメディアに相手が自発的に来てもらう事が重要です。

こちらから働きかけて、無防備で何も知らない相手の欲望を喚起させて売り込むのはアウトバウンドです。

TVのCMを見たら商品が欲しくなった、お菓子が食べたくなったという仕組みと一緒です。

上に貼った動画の中でも説明されていましたが、このアウトバウンドマーケティングだと作業量的にも広告費的にも1人のリードを得るためのコストが非常に高いのです。

だから個人でビジネスをしている人は、インバウンドを目指すべきだと思います。

目指すべきインバウンドマーケティングとは?

私が目指しているのは、こんな形です。

まず需要がある商品サービスを用意する。→これは絶対です。価値が無いものは対価に値しません。

そこへブログやSNSなどを通じて集客する。→ここが、「来てもらう・見てもらう」型の集客方法です。

集まった顧客にメルマガで予定販売する。→DRMやローンチはこの部分の手法の話に過ぎません。

これがスパム的な手法を排した、王道のインバウンドマーケティングだと言えるでしょう。

ちなみに、このブログの場合、会社員生活に悩んだり、うつで苦しんでいる人に向けて書いています。

かつての自分と同じように苦しんでいる人へ、ネットビジネス等で経済的に自由になる方法という価値を提供する事を目的としているのです。

他人の成功事例ではなく、私自身を実例として。

単にブログを書いてアクセスを集めて・・・と考えていると、大きなマーケティングの枠組みに無自覚になり、おかしな事をやってしまいます。

これからはDRMとかローンチ!と力説する人はいますが、そこへ至るまでの枠組みに無自覚な人は結構多いようです。

自分がやっている事は、インバウンドマーケティングのこのパートという風に自覚できると、作業に迷いがなくなります。

ローンチの為の売り込み技にばかり注意を向けず、価値と集客にフォーカスする事がこれからのネットビジネスで成功する方法だと思います。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。