サイトのM&Aについて!売り手市場の相場とは?

レビューブログを運営しているせいで、有名な情報教材はあらかた購入した私ですが、欲しくて欲しくてたまらないものがあります。

それはサイト!

既に収益が上がっているサイトを買収して、地盤固めをしたいのです。

年初にとある大アフィリエイターから900万円でサイトを買わないか、と持ちかけられたのですが、そんなお金はありませんでした。

上の方の人達と税金の話をしたところ、分かった事があります。

自力で稼げるだけのスキルがあり、資本を蓄えたアフィリエイターは税金対策として収益化されたサイトを買収して、ますます月収を増やすのです!

正に資本主義!

私もこのサイクルに何としても早く突入したい!

サイトの売買

何の気なしに検索していたら直ぐに見つかったのですが、実はサイト販売を取り持つM&Aサイトがあります。

サイトキャッチャーというのですが、ここでは日々、様々なサイトが売り買いされています。

rapture_20150420201625http://sitecatcher.net/

もう、今日は1時間はこのサイトを眺めてはため息をついていました。

サイトの価格はピンキリですが、最低価格は大体5万円位から。上は1000万以上まであります。

どんなジャンルなのか、いくら稼げるのか、どうして売りに出すのか?

様々な情報が開示されていて、読んで飽きません。

アフィリエイトで稼げるというイメージがどうしてもわかない、臨場感が得られないという人は上記のサイトを訪問すると良いでしょう。

ああ、ちゃんと稼げるのだ、と実感が湧くと思います。

そして、1円も稼げていない、月間数千アクセスしかないサイトでも5万、8万で売り買いされています。

これは、明らかに労働力を売っています。

自力で数か月の間更新するのが大変だから、稼げていないけれどもある程度形のあるサイトを買うのです。

もっとも、購入する価値があるかどうかは、サイトのジャンルやその後の展開のビジョンの有無に関わるでしょう。

私も最初の1回は5万~10万円位のサイトを買ってみたいと思います。

そして、買い手と売り手のバランスが凄い。

欲しいという人の方が圧倒的に多くて完全に売り手市場です。

確かにほとんど手放しで稼げるサイトは金の卵を産むガチョウのようなもの、売ってしまったらそれっきりです。

自力で作れば愛着もあるでしょうし、手放す理由がありません。

そこで一案

サイト内の案件をチェックしていて思ったのです。

稼げるようにまで育てなくていいから、独自ドメインでサイトを作り、特定ジャンルに絞ったうえで3、4か月間、60記事程詰め込めば売れる!

アクセスが少なくて、1円も稼げないサイトですが、間違いなく5万円位でなら売れるのではないでしょうか?

かなり確率が高いと思いますよ。

このハンパなサイトの買い手が何を考えているのかというと、メインのサイトの検索順位を上げるためのバックリンク用のサイトとして利用するのです。

あるいは自分が更新すれば稼げるようになる、という見込みが立ったから購入するのかもしれません。

ブログ更新して1円も稼げないという人がいたら、美容健康やコスメ、保険、車買い取り、転職などに特化した記事を詰め込んだサイトを作って売りに出せばいいのです。

サイトを育ててゆくゆくは半自動化・・・とはいかず、どこまで行っても労働収入ですが、稼げないよりはましでしょう。

それに売り飛ばす気で作っていても、愛着が湧いたり、稼げるイメージが湧いてくるかも知れません。

そうなれば、あとはもうちょっとやる気を出して頑張ればいいのです。

私も年度末に税金対策でサイトを買い漁る位、稼げるようになりたいものです。

でも買えないうちは自分で作るしかありませんね。頑張ろう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2016年も就職活動が厳しい!就活狂奏曲の感想が凄い

引越し

引越し完了と引きこもり作業について【備忘録】

東芝

東芝の粉飾決算について思う事|自分の経済は自分で管理したい

脱サラ2年経過したけどちゃんと生きてる件【備忘録】

資本主義

新入社員ネタと新自由主義と洗脳について

2014年最後の更新!今年は人生変わりました