欝になる思考法と対処について|隠れて生きよ

エピクロス

今朝起きてニュースを見た途端、いきなり気分が暗くなりました。こんな時はどんどん連作反応的に絶望探しが始まるので注意です。

がっくり来たニュースはコレ。

厚生労働省の有識者懇談会が、健康対策の一環として、
2020年までにたばこ、酒、砂糖などへの課税強化を求める提言案をまとめた。
医療費抑制を目的に、患者の医療費負担について、
風邪などの軽い病気は重くし、重病や難病は軽くすることも盛り込んだ。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150608-OYT1T50085.html

もう、政治に絶望しますよね。

今まで選挙に行かないのはダメだと周りにも言って、一時期は自民党の党員でもありましたけど、この最近どころかずっと増税とばらまきと不祥事ばっかり。

ちょっと前にこんな記事を書いたこともあって、ますます「多数派」から離れて生きる事を志向するようになりました。

投票率を上げる方法|損をする感覚を奪うな

消費税増税と年金支給年齢引き上げ|危機感が足りない件

別にお国に何か期待していた訳ではないですが、ホントにがっくり来てしまって、そんな時にまた暗ーい内容の本を読んでしまったりするわけです。

ニュースを見たりこれらの本を読むと、日本はお先真っ暗!としか思えなくなって気分がどんどんふさいできます。これは軽い鬱状態です。

欝思考への対処法

こういう時は自分に出来る事を探します。

キリスト教のお祈りではありませんが、変えられるものと変えられないもの、出来る事と出来ない事をきっちり分けなくてはいけません。

政治家や「正しい多数派の皆さん」の考えを変える事は出来ません。

しかし、逆に出来る事はいっぱいあります。

まず、もっと自分自身が稼いで安定する事。

経済的安定と実力を養う事で意見に説得力が生まれるので、意見が遠くまで伝わりやすくなります。

そして、自分自身が幸福になる事。

エピキュロスと快楽主義

ギリシアの哲学者にエピキュロスという人物がいます。この人は快楽主義を唱えたとして知られていますが、快楽主義は酒池肉林ではありません。

ありとあらゆる欲望を満たしてヒャッハー!的な主義とは真逆です。

むしろ、魂の平安(アタラクシア)を目的としていました。

アタラクシアを得る為には激情や欲望から離れて、政治とか諸々のメンドクサイ事から隠れて生きる事です。

快楽の生とは平安の生であり、これは、過度の欲望や激情から解放されること、
公共生活を避け隠れて生きること、パンと水の生活に満足すること、
そして友情を尊重することにより、実現されるものであった

丁度1年前に会社員を止めてからというもの、私の志向はどんどんエピクロス的なものに引き付けられています。

また、インターネットで自己表現したり情報発信する一部の人々も、エピクロス的な考え方になりつつあると思います。

東京脱出や地方でのコミュニティ立ち上げなどは、正に過度な「公共生活」を避けて生きていると言えるのではないでしょうか?

ホントに今日は朝からがっくり来た。

ニュース見た瞬間ぶっ○してやりたい、とか瞬間的に思ったけど、0.1秒後に勝手にしろ、何も期待しないよって思い直しました。

どうせこの記事も反応を見る為の観測気球だろうし、反応なんてしてやるかって感じです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新入社員が社内で気を付けたい事|態度やふるまいについて

疲労感を貯めずに仕事をし続ける方法について

ヘヤジンプライムは安いのか?イケダハヤトと空き家問題

ピンクナイト アメ横

ピンクナイトとアダルト広告について【備忘録】

アフィロック

箱根神社とバーベキューとアフィロック【備忘録】

引っ越し

2016年に向けて引っ越しすることにした件