自分の病気をネタにしてサイトアフィリするアイデアについて

白内障手術

今月最後の試練がやって来ました。これを乗り切れば行ける!!

このブログも最近は自分の備忘録みたいになってきたのですが、最後はちゃんとビジネスの話に落とし込むので、まあ良ければご覧ください。

たったひと月ですが、8月はホントに厳しかった!

お盆のせいで売り上げが下がったのは仕方ないとしても、実家絡みのゴタゴタ、祖母が熱中症で危なかったり、私自身も病気がちで作業が捗らず。

※去年はまだ脱サラ直後だったので今に比べて全然稼げてなかった。

実家絡みのゴタゴタ、祖母が熱中症で危なかったり、私自身も病気がちで作業が捗らず。

思わず神社に神頼みに県外まで行く勢いです。

新屋山神社奥宮に参拝

そして、最後の試練がやって来ました。

それは、私自身の病気の疑い。

白内障かもしれない

事のきっかけは、夜中に車を出して山梨まで行った時の事、街の道路や街頭、信号の明かりがにじんで見えるのです。

まあ、これだけなら支障が無いのですが、問題は信号です。

信号機の緑の矢印がどっちを向いているのか分からない。

下道はゆっくり走る事でやり過ごし、夜の高速は特に問題なし。

帰り道も温泉に長居せずに明るいうちに帰ってきました。

この時はメガネが合ってないのかと思っていたのですが、タクシーで移動中に何気なく、信号の明かりがにじんで分からないって話をしたら、運ちゃんが一言。

それ、白内障じゃないですか?

どうやらタクシー業界ではメジャーな症状で、主に40歳以上の方に多い眼病らしい。

おいおい・・・まだ○年も余裕があるぞ。

そこで、運ちゃん仲間が治療を受けた名医の先生がいる病院を紹介してもらい、検査したところ、白内障の疑いがあるから院長先生による再検査、というのが今までの流れ。

もうショックですよ・・・、仕事が手につかない。

何しろ私の趣味は読書だし、仕事はアフィリエイターでPC使うし、目に問題があったら人生真っ暗です。

もっとも、調べたら即座に失明ってわけでは無いようですが、それでも重症だったら目玉を切り取るような手術をするみたいじゃないですか(汗)

白内障手術

怖すぎる。

今まで小さな病気は山ほどしてきましたが、体にメスを入れた事はありません。

早く再検査を終わらせたいのに一週間も待つなんて・・・・!

ピンチをチャンスに変えられるか?

ここで唸っていても仕方がないので、ネットビジネスで生計を立てている身として、どうやったら利益を出せるかと考えてみました。

すると、白内障サイトを作ろう!という超直球のアイデアが降ってきました(笑)

ただ、問題はどうやってマネタイズするかってことです。

正直、適切なキーワードとボリュームの記事を書けば、関連語でアクセスは呼べると思います。

体験談も書けますから差別化出来るでしょう。

しかし、そこでキャッシュポイントがアドセンスだけってのは流石に儲かりません。

A8で検索してみましたが、直接的なものは視力アップのサプリくらいしか広告が見つからないのです。

これでは余りにもお粗末なので他にバリエーションは無いかと色々考えた結果、保険だな・・・と思い至りました。

眼病に強い保険の広告があれば、マネタイズ出来る!

目の不調キーワードで集客して、保険を勧める。

ガンとか生活習慣病系は保険も多いですが、それに比べたら眼病メインはライバルも少なそうです。

アドセンスにはクリニック系の広告が出るでしょうから、それなりに単価も取れるでしょう。

私が別名で運営している書評サイトなんてアドセンスが1クリック○○円ですから、1日5000アクセスあっても全然儲かりません。

最後に

ここまで考えたら、保険の資料を精査したり、問い合わせしないと・・・と、思っているのですが正直かなりモチベーションが上がりません。

やっぱり宙ぶらりんの状態で凹んでいるせいです。

ブログにして思考の整理をすればいいかと思ったのですが、そう都合よく自分のマインドは動かないようです。

最近は稼げる環境がだんだん出来つつあるので、ホントに時間が惜しいです。

作業しなくちゃ。

 

追記

やっぱり白内障でした。ただし即座に手術ではなくて、不便が我慢できなくなったら…という状況です。

おかげで紫外線カットの為、日中はサングラスを付けてます。

追記2 2017.12

G様の健康アップデートにより個人の健康サイトは全て飛ばされました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンアフィリエイトだけでも食べて行ける【きんどるどうでしょう】

トレンドキーワードの選定方法!ニッチなジャンルを選ぶ方法は?

Janetセミナー

Janetの脱毛・酵素セミナーに行ってみた!参加者の年齢は?