ザイフやコインチェックからはがきが来ない理由について|対策はあるのか?

取引所大混雑

Twitterの仮想通貨クラスタのタイムラインを眺めていたら、取引所の開設は済ませたものの、本人確認のはがきが遅れているというツイートを見かけました。原因について色々と調べてみました。

ZaifとCoinCheckの本人確認までの日数

12月に入ってから急激に仮想通貨が値上がりしています。

その為、チャンスを逃さないよう取引所の開設を急ぐ人が増えていますが、どうも本人確認のはがきがなかなか届かないようです。

ツイートを調べてみると、2017年12月時点では本人確認申し込みからハガキが届くまで18日から22日程かかっているようです。

わかるわかるよ、その気持ち。

目の前にお金が積みあがっていくのを黙って見ていなければならないのは本当につらい。値上がりしているコインを仕込んでいない時の気持ちです。

取引所の機能を全部使うには本人確認が必要なので、どうしてもヤキモキしてしまいますね。

でも、悪いのは取引所だけではないかもしれませんよ。

ハガキが届かない理由

一つには単純にコインチェックやザイフ自体の処理能力がパンクしているという事。

特にザイフからの本人確認遅延のお詫びメールには新規アカウントの「爆発的な増加」という一文があるとの事ですから、相当大変な事になっていると思われます。

しかし、もう一つは郵便局に問題があると思います。先日、こんなニュースがありました。

「慢性的な人手不足が続き、年賀状配達の準備も加わって、しばらく綱渡りが続く」と厳しい見方を崩さない。

料金据え置きで急増 配達現場から悲鳴

値上げをしていないゆうパックに荷物が集中しているというニュースですが、しわ寄せはゆうパック部門だけでなく、郵便局全体に波及している事は間違いありません。

しかもこの季節になると年賀状も始まるので郵便局はバイトを増員して年末年始の特別体制になっています。

ゆうパックについては民間並みに値上げをすれば荷物の集中が止められるのですが、郵便局は民営化されても、役所みたいなイメージがあるので相当難しいでしょうね。

また、仕事量の増加に対処しようにも主力のバイト学生世代は少子化のせいで氷河期世代の半数位しかいませんから現場努力で問題解決は出来ないと思います。

そんなワケで、本人確認のはがきが届かないのは下記の2つの理由によるものだと考えられます。

  • 新規アカウントの爆発的な増加
  • 郵便局の混雑

対策について

基本的に自分に問題があるわけでないので、原因を直接叩くことは出来ません。

その為、出来るだけ早い内に複数の取引所に登録を済ませて待つ!

コインチェック 最も取り扱いコインの多い取引所です。ビットコインの取引高は日本一でCMにも力を入れています。
ビットフライヤー 国内最大手の取引所です。セキュリティがしっかりしていて資本金も大きく、安心して使えます。
ザイフ コインチェックでは取り扱いのないmonaコインやトークンを扱っています。短期間で急上昇したコインが多いです。
GMOコイン FXや株式にも参入している大手GMOグループの仮想通貨取引所です。

これしかありません。

取引所の登録は無料ですし、アップロードした本人確認書類も使いまわせます。

これからクリスマスを過ぎて本格的に正月モードになると、年賀状が優先されるのでもっと混雑する事は間違いありません。

仮想通貨飛躍の年と言われる2018年のスタートダッシュが切れるよう、出来るだけ早く準備をしておきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

狼狽売り

2017年末のネムの価格を予想してみた

ビットコイン投資やってみましたー表紙

【たまきちひろ】ビットコイン投資やってみましたは必読の一冊

仮想通貨バブル

仮想通貨は暴落するのか?バブル崩壊を望む人達

兆人

兆人とは?仮想通貨で1兆円を稼げるか?

収支報告201712

仮想通貨投資収支報告【2017.12】

仮想通貨

アフィリエイトと仮想通貨はどちらが儲かるのか?迷ったらこれを見て