高額塾の仕組みと今後!月額課金制コミュニティは流行するのか?

高額塾で成果が出なかったとか、詐欺的商法だ、という声を沢山聞きますね。でも、高額塾自体が一過性のトレンドで近い将来駆逐されると思うんです。その理由について書いてみました。

大金を払ってネットビジネスを教えてもらう契約をしたけど、十分なフォローをしてもらえなかった、という経験をした人は多いでしょう。

話を聞くと本当にひどい、というケースが多いのですが実のところ中には単に作業量が足りてないだけの人も結構いるので購入した塾自体がマトモかどうかは良く内容を聞かないとダメなんですけど、私は高額塾に否定的です。

特に派手で長いセールスページで射幸心をあおるようなタイプは好きになれません。

だって、コレ厳しく取り締まったら誇大広告っぽくないですか?

どうやらこんな風に思っているのは私だけではないみたいで、暫く前から立ち上げた塾の赤字化が増えているそうです。

何故赤字になるかというと、リストを買っている費用に見合った塾生を確保できないからです。

塾運営をサポートする会社(!)の人と話したことがあるのですが、仕組みはこんな感じ。

ステップ 1

メールアドレス獲得

無料オファーを流す。メルアド1件700円とか800円で買い取ります。オプトインアフィリエイトとして、この無料オファーを集めるだけの手法もありましたね。

ステップ 2

集めたメルアドにステップメールで教育します。動画を配信したり、質問を受け付けたり。

ステップ3

いよいよセールスします。この時、塾の価格がいくらになるか、その成約率はどれくらいかという事が重要です。

例えば、10,000メルアドを手に入れた場合、1件800円だとして8,000,000円掛かります。

え、塾経営を始めるときに800万円用意してはじめるの?と思う方がいるかもしれませんが、大丈夫。

支払いは2ヵ月後ですから、塾が売れて入ってきたお金でまかなえばいいんです!

成約率1%の場合100人が買ってくれるわけですから、塾の価格は8万円以上しないと赤字になりますね。

もちろん、これはセールスページを作る代金やインフォトップへのマージンをのぞいた金額です。

自分の作業や今後のサポートの手間を考えると、利益を確保するため20万くらいで売らないと実質的な赤字となります。

しかし、この成約率が問題で今では1%どころか0.5%も無いようなケースが多いそうです。

この場合どこを削るか?

それはオプトインで集めたメールアドレスへの支払いです。非承認にしてしまうわけです。理由は重複というのが多いですね。

これで支払いが減って成約率が低くても黒字になるでしょう。

某有名人はお金を払ってくれないという話はよく耳にしました。誰とはいいませんが。

それでも足りなければ塾生に別のプランを売りましょう!

これで高額のお金を払って入塾した人からさらに利益が取れました。あ、そうだ!特別枠追加募集という手もありますね!

塾運営者も必死です。支払いが出来なかったら破滅ですから。

・・・これでは肝心の塾運営がお粗末になるのも分かります。

高額塾の金額はノウハウの重要性やサポートの手厚さではなく、単に経営上の理由であることが多いのです。

そんなわけで、このビジネスは本当にブランドがある人以外は参入できなくなりつつあり、結果として廃れると思うのです。

高額塾の次はどうなるのか?

それは月額制サポートサービスだと思います。

既にトレンドキーワード配信サービスをはじめ、あんまりメジャーではないけれども月5000円とかそれくらいの金額でメール添削やサポート掲示板への招待をしている人がいます。

きっとこういう形に落ち着くのではないでしょうか?

一度に大金をゲットできる可能性は少ないですが、日々のサポートが安定していれば、会員はお金を払ってくれますし、クレームも発生しづらいです。

教材費用:2万円
無料サポート会員は掲示板だけ。
月額○○○○円の有料会員は回数制限でスカイプ相談、とか。

手厚いフォローが受けられることで教材がこなせるかといった不安を取り除いてあげることが出来るのです。

この手法がメジャーになれば詐欺教材の売り逃げも減るでしょうし、みんなの利益になると思うのですが、どうでしょう?

テキトーなノウハウを価値があるようにパッケージングして売ろうという人にとっては嫌な傾向かもしれませんけどね。

 この記事へのコメント

  1. aaa より:

    塾の仕組みもあるけどライティングのほうが問題だとおもう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

とある高額塾の思い出について!レビューブログの原点

ネットビジネスのセミナーとマルチのノウハウについて

甘~い無料オファーの真実について

倒産

MTS倒産とセレブマーケティングについて思う事

情報商材レビューブログと削除依頼!レビューがない教材は危険!

インフォトップ買収の影響はあるのか?アエリアとは?