PCの突然死で大ピンチになった件

本当に危機管理は大事ですね。PCが無いアフィリエイターなんて何もできないという事を実感しました。

今日は大変な事になりました。

私の場合、まず目を覚ますと8時にASPから届くメールを確認するのが日課です。

今日もいつものようにASPからのメールをチェックしてから遅い朝食をとり、仕事場へ移動しました。

ところが、仕事場でPCを立ち上げた途端ブルースクリーン!

これはヤバい・・・と思って直ぐに仕事場から徒歩3分のところにあるヨドバシカメラに持っていきましたが、やっぱりダメ。

原因はハードディスクの故障。まさに突然の死でした。このPCは4月に買い換えたばかりでまだ半年ほどしか使用していません。

デフォルトでメーカー保証が3年もついていて、頑丈という触れ込みでしたがまったくの期待はずれ。

直ぐに仕事をしなくてはいけないので、今度は富士通のPCを購入してあれこれソフトをインストールしたり、セッティングしていますが今日はもう仕事になりません。

メーカーで無償修理するといっても、戻ってくるのは1か月後だし、大事なデータは全部無くなるし、もう踏んだり蹴ったりです。

シリウスのサイトのデータが全部なくなったり、
情報教材のPDF数十本分がなくなったり、
二度と手に入らないツールがなくなったり、
書き途中の原稿が無くなったり・・・。

ウィンドウズ7が入っていて、それなりのスペックだという事で購入しましたがASUSのPCが突然死したのは2度目です。

先代のASUSが丁度3年で壊れたので、今回も3年持てばいいやと思っていたのですがこの有様。

これまでにIBM、東芝、パナソニックとPCを使ってきましたが、故障した覚えがまったくありません。

どうも私にとってASUSは相性の悪いメーカーみたいです。

・・・とここまでが愚痴なのですが、この痛い目から学ぶべきことは一つ。

危機管理をしておくことです。

PCが故障しても直ぐに別のPCで作業ができる状態が好ましいです。

そして、今回のトラブルを受けて、今までは情報漏洩を嫌って活用していなかったクラウドを使うことにしました。

これならHDがクラッシュしても資料は全部クラウド上に残りますからね。

この記事をご覧になったあなたは、こんなひどい目に会わないように備えてくださいね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うつ病になった時に職場で一番つらかった事|体験談

引越し

引越し完了と引きこもり作業について【備忘録】

土日に使えるコワーキングスプレイスはスピンコースターで決まり!

東芝

東芝の粉飾決算について思う事|自分の経済は自分で管理したい

2015年上半期

2015年上半期終了|半年を振り返ってみた

ピンクナイト アメ横

ピンクナイトとアダルト広告について【備忘録】