とある高額塾の思い出について!レビューブログの原点

つい先日、Facebookで交流している方が高額塾の思い出を赤裸々に語っていました。

その方というのは、PRIDEの製作者、KTこと戸井邦雄さんです。PRIDE(プライド)は本当に素晴らしいトレンドアフィリの教材で、私の一押しです。

その作者がこんな書き込みをしました。

いったいどんなやり取りかというと、こんな感じ。

~中略~

 

そんな訳で、あまりにもネガティブな為、今まであんまり発信してこなかった情報をお伝えしようかな、と。

また削除だなんだとうるさいと、マインドに影響するので一応伏字にしておきますね。

高額塾の思い出

私がとある高額塾に入塾したのはまだサラリーマンだった頃。高額塾系のコンテンツでも対面指導は、ほとんどありません。

私は早くから稼ぎ出す為には、対面指導が不可欠だと思っていました。

※実際はそうでもなかったのですが・・・。

そこでなんとか稼いでいる人と直接対面して指導してもらえないものかと思って探していたところ、とある集団に出会いました。

その集団は稼ぎ方を教える、とリアルのセミナーや飲み会に誘って、それから○○万円の高額塾を販売していました。

仕事場を開放しているので、会社帰りにそこで作業しても良いと聞き、これは稼いでいる人と机を並べて学べるチャンス!と思った私は高額塾を購入。

同じように考えた人は何人もいて、やはり会社帰りに東京の端っこにあるとあるマンションの1室で一緒に作業をして、「軍団」としての結束を高めていました。

いったいどんな作業をしていたのか、というとFacebook攻略

やり方を特定すると真似する人が出てきて良くないので自重しますが、ようはFacebook上で集団囲い込みをして、とあるコンテンツがはやっているかのように見せかけて売る!というもの。

言われるままにブログを作り、中身のない記事を書き、軍団を褒め称える記事を書き、コンテンツを盛り上げる一味として夜な夜な頑張っていました。

いったいどんなコンテンツかというと、これがマルチ式教材。

※最近は同じような仕組みでI○という集団が派手に動いていますね。

○万円の教材を買うと、○万円の教材をアフィリすることが出来て、○○万円の塾を買うと、料率が上がって更に自分が買った○○万円の塾を売る権利が得られるのです。

・・・うん、これって私が批判していたハンモックユーチューバーのシステムの先駆けですね。

ハンモックユーチューバーを見た瞬間、この軍団を思い出してかなり感情的になりました。

ハンモックユーチューバーについて

なにせ我々は○○万円も払っていますから、ここで回収できなければというファイナンスの問題があり、しかも沢山会員を増やしたら、小集団に分けて他にもいろんなことを教えるとボスに言われていました。

当時はリアルで毎日対面しているし、まさか嘘ではないだろうと思って、ボスを100%信じていました。

そして無料レポートスタンドにもそのコンテンツへ誘導するレポートを登録。

さらに無料レポートスタンドに登録してあるレポート出稿者を全員リストアップ!彼らを第一目標としてフェイスブックで接触します。

ようは、コンテンツ販売をしたいと思っている層こそ、ねらい目だったのです。

レポートを出している人はまさか自分が狙われているなんて思っていなかったから、かなりの高確率で決まったようです。

そして、ついにコンテンツの販売が始まります。

塾生がそれぞれのブログに一斉にそのコンテンツを褒め称える記事を書いて、相互リンクをして検索語を独占します。

かなり組織だった強固なSEOです。そして、フェイスブックにも拡散。

この拡散の仮定でいろんな技があるのですが、これも明かすのは止めておきます。

そして、塾生の中である1名が自然に選ばれ、みんなにティーアップされます。彼がこんなに稼いだ凄い技!みたいな感じです。

すると、塾生が作ったブログ群やフェイスブック、無料レポートから一斉にティーアップされた塾生のブログへ殺到。

一気に1000万円ほどの売り上げが立ちました。

軍団としては2000万の利益で、そのうちどれ位か不明ですがかなりの部分がその塾生一人に分配され、私を含む他の塾生は数千円だけです。

言われるがまま毎日作業して、Facebook上でコンタクトをとったりしていたのに。

しかも、肝心のコンテンツはガタガタ。

掲示板はあっても自己紹介だけで機能していませんし、今の私が見たらガラクタと迷わず断ずるレベルです。

こんなのは、タダのネットビジネスの塾と名の付いたマルチの勧誘員に洗脳されて、片棒を担いだだけです。

対面で作業すると言っても、やっている事はブログの更新とフェイスブックでのメッセージだけ。

指示されたメルアドに定型文をアレンジコピペして送り続けるという創造性0のまさに作業!

何一つスキルが身に付きません。

ボスがクリック率測定をしていたので、それはどうやっているのか、と聞いてもはぐらかされて教えてもらえませんし、沢山集めた塾生やコンテンツの購入者をどうしていくのか、というビジョンもまるで見えません。

※今なら短縮URLを使えばいいと分かります。

当時、私はアドセンスで多少の実績をだしていたので、コンテンツを買った人にメールで流して、これを教えられれば、と思っていたのですが全く何の指示も無し。

この1回目の売り込みの後、何をしたかというと相変わらずセミナーを開き勧誘しつづけるのです。

この時点でようやく私は便利な道具として使われていたことに気づいてFacebookのアカウントとブログを全部消して連絡を絶ちました。

もう、怒りしか湧いてこない

ちょうどこの頃会社を辞めたのです。

しかし、話はこれで終わりません。

その後の塾生達について

会社を辞めてからというもの、私はレンタルオフィスを契約して、1日中そこでPPCアフィリエイトとトレンドブログの作業に没頭していました。

そのおかげで退職して2か月後、何とか食べられるようになった頃です。あの軍団で同期だった人物Aが連絡をしてきたのです。

一体どうしたのかと思って会ってみると、その後の軍団のゴタゴタが良く分かりました。

結局、マルチ式のシステムだったため、ボス達とティーアップされた塾生1人に収入が集中し、不満が続出。

さらに唯一稼げた塾生も凄く傲慢で嫌な奴になってしまい、塾生同士で対立が起きます。

私のようにフェードアウトするものや、喧嘩して出ていくものなど散々。

しかも驚いたのがこの軍団は名前を変えて全く同じとしか思えない商品をリリースしたのです。

やはり○○○というコンテンツの評判や検索語が地に落ちたからでしょう。ホントに吐き気がします。

Aは地方から東京へ出てきており、アルバイトで生計を立てています。

軍団で作業していた時も、もっとも熱心に頑張っていました。

しかし、○○が嘘だという事に気づき、また人間関係が荒れたことで嫌気がさして一足先に抜けていた私のところへやって来たのです。

しかもかなりの自信喪失状態で、ハッキリ言ってうつ状態でした。

かつて私自身がそうでしたからよく分かります。

彼は高額塾の代金を分割で支払った為、稼げないのに支払だけは残っていて、生活に困るという状態です。

このマルチ塾は明らかに最低でも一人の人生を狂わせました。もっとも信じて頑張ったものが最も深い傷を負ったのです。

レビューブログを立ち上げる

このほかにもダメコンサルに出会ったりと、色々と不快な目にあってきましたが、最後の最後でようやく本当の指導を受ける事が出来て今に至ります。

そこで情報教材のレビューブログを立ち上げる事にしました。

本音のレビューブログです。

ナガイのビューブログ:ナレッジバンク

何故なら、軍団を止めてからというものあまりにも汚らわしく、消し去ってしまいたい記憶だったため、検索する事もやめていたのですが、ある時その後が気になって検索していたら見つけたのです。

私のとっては運命のレビューブログを!

そのレビューではこの○○のセミナーや懇親会に参加したけど、あまりにも気持ち悪く、××や××の理由で稼ぐ事が出来ないし、お勧めできない、と書いてありました。

この人凄い!まさに中にいた私が感じていた事を全部書いてくれている!このブログを読んでいたら間違わなかったのに!!

この時に売り手が開示している情報は全て加工されていて、マトモに信じてはいけないという事に気づいたのです。

幸いにして、実績が出来てから作り始めたレビューブログなので、情報教材を売るためレビューブログとは一線を画している自信もありました。

収入源の割合について

実績も無いレビュワーが適当書いて、売りたい商品に誘導しているというのも、一面の真実ではありますが、それでもレビューが無い状態よりも100倍もマシです。

そして、歯に衣着せずどんどん書いていると、販売者からは記事を削除せよという依頼が来たり、コメント欄が荒れたりもします。

情報商材レビューブログと削除依頼!レビューがない教材は危険!

しかし、誰がなんと言おうと、レビューブログは絶対に必要です。

痛い思いをして、そこから這い上がった私だから書ける事があるのです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

情報商材レビューブログと削除依頼!レビューがない教材は危険!

甘~い無料オファーの真実について

高額塾の仕組みと今後!月額課金制コミュニティは流行するのか?

インフォトップ買収の影響はあるのか?アエリアとは?

ネットビジネスのセミナーとマルチのノウハウについて

倒産

MTS倒産とセレブマーケティングについて思う事